人生の公開日記

備瀬崎 スキューバダイビング ログ121

はいさい、

 

いつの間にか正月が過ぎ、気づけば年が明けて早1週間が経ちました。1月は行くと言いますから、1日1日を無駄にせず過ごさないと、後悔ばかりが残りそうです。

 

 

ということで今回のログは「備瀬崎」。

沖縄本島開拓巡業企画第一弾です!!この企画は、私沖縄太郎が残り少ない学生生活で最大限できることをしたいと思い企画したものです。日にちを決めて、その日はとにかく開拓に行く!!私は原付しか持っていませんので、タンクと一緒に私を運んでいただける方大募集中です。

 

f:id:umiuminikki:20200108175949j:plain

 

ということで潜降。

したのですが、なんと初っ端からカメ3連発。たまたま潜った場所がカメの寝床だったみたいで、気づいたら3匹ともそそくさを泳ぎ去っていました。ポテンシャル高!!

 

カメに感動したところで、ここからはひたすら泳ぐダイビング開始です。

 

f:id:umiuminikki:20200108175951j:plain

ハナビラクマノミ

だらだら泳いでいると「ハナビラクマノミ」がお出迎え。

「センジュイソギンチャク」を見ると「カクレか⁉」と期待してしまうのです。笑

 

f:id:umiuminikki:20200108181013j:plain

カクレクマノミ

その隣のイソギンチャクにはバッチリ「カクレクマノミ」が住んでいました。やっぱり新たなカクレクマノミを発見すると嬉しいものです。

 

f:id:umiuminikki:20200108180005j:plain

f:id:umiuminikki:20200108180032j:plain

 

魚影も濃くて良いですね。グルクンが群れている場所って案外少ない印象です。砂辺や水釜では見たことありません。

 

f:id:umiuminikki:20200108180017j:plain

 

透明度は20~30m。これでも夏よりは悪いな~という印象。

ちなみに写真は水深20m辺りから撮っています。着底すると40~50mはありそうな場所。夏は水面から底が見えます。笑

 

f:id:umiuminikki:20200108181845j:plain

タテジマヤッコ

「タテジマヤッコ」も15~20の辺りにたくさんいます。万座毛にいるものよりも浅めで、他の深場の生き物にも期待がかかります。

 

f:id:umiuminikki:20200108182054j:plain
f:id:umiuminikki:20200108182105j:plain
ヒレナガヤッコのオス(左)とメス(右)

期待通り「ヒレナガヤッコ」も20mまで上がってきていました。どんどん泳いで探索範囲を広げたいので写真はどれも証拠写真程度です。m(_ _)m

 

f:id:umiuminikki:20200109003014j:plain

ミゾレウミウシ

真栄田岬や万座毛の壁によくついている「ミゾレウミウシ」。ここは壁ではありませんが、ヤッコたちがいるだけあって生態系も似ている気がします。

 

f:id:umiuminikki:20200108180102j:plain

 

ここにきて太陽もちらっと顔を出します。

太陽が出てくると海の中が明るくなって、海の青さが映えますね。

 

f:id:umiuminikki:20200108180129j:plain

 

ケーブルを越えて泳いでゆき、3本目のケーブルを越えたところでUターン。ここで残が100でした。開拓に行くときは、おおよそ110~100で折り返しています。

 

f:id:umiuminikki:20200108180118j:plain

 

今回のバディはごんちゃん。砂辺ナイトで「ジャパニーズピグミーシードラゴン」を見せてくれたバディです。

 

ここを開拓するにあたり招集した凄腕ダイバーです。

 

f:id:umiuminikki:20200108180047j:plain

カクレクマノミ

ケーブルの辺りではまたまた「カクレクマノミ」がいました。

 

f:id:umiuminikki:20200109004032j:plain

カクレクマノミ

さらに「カクレクマノミ」。1回のダイビングでこれだけの天然のカクレクマノミを見るのは初めてです。凄いポイントだ!!

 

f:id:umiuminikki:20200108180159j:plain

 

でまた潜降した場所まで戻ってきました。

私は地形を覚えるのが得意なので戻ってくるとなんとなく地形で分かったのですが、バディは泳いでいる時間でおおよそ戻ってきたとわかったそうです。これは私にはない感覚です。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

沖縄太郎(@qijiebangen)がシェアした投稿 -

 

戻ってきた辺りでまたしてもカメ。今回は何とか画面内に納まってくれました。笑

 

f:id:umiuminikki:20200109004458j:plain

 

最後まで地形を楽しむごんちゃんでした。

 

 

ということで「備瀬崎」でした。

今回の狙いはカメとエイ。カメは実は飽きるほど見ています。それこそ7~8匹。どれも人慣れしていないので颯爽と逃げていきますが、カメ好きにはたまらないポイントですね。エイもここのはすごく大きくて、これだけ泳げば1枚ぐらい会えるかと思ったのですが、今回は不発でした。

 

流れのあるポイントなのですが、今回は流れは感じませんでした。しかし流れる時はそこそこ強く流れるので初心者向けのポイントではないことは確かです。今回のように横に泳いでいくのも、中性浮力が取れていないと平気で30mや40mと落ちていくので、相当慣れた人でないと難しいポイントだと思います。

 

 ではでは、開拓巡業第一弾「備瀬崎」でした。2本目の記事もお楽しみに!!

 


ブログランキングに参加しています!!
1日1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村