人生の公開日記

鳥取 スキンダイビング ログ84

はいさい、

 

最近芸人の「ダイアン」にハマっています。疲れた時はYoutubeに上がっている短いを動画を見て回復しています。毎度「スー」をありがとうございます。

 

 

ということで前回上げたログの続きです。

鳥取スキンダイビングマクロ編!!

 

f:id:umiuminikki:20210617225143j:plain

 

エントリー後すぐ50cmほどの浅場にいたヤドカリ。

ほとんどの個体が近づくと引っ込んじゃう中、この子はせっせと活動していました。

 

 

f:id:umiuminikki:20210617230544j:plain

フタスジミノウミウシ

前回に続いての「フタスジミノウミウシ」。

本当に小さくて、偶然気付きました。この子は気付けたけど、見逃しているだけでホントはもっとたくさん生き物いるんだろなあ。

 

f:id:umiuminikki:20210617230834j:plain

アズキウミウシ

触角と尻尾が青色なので「アズキウミウシ」ですね!!

名前にウミウシと付きますがミドリガイの仲間です。明らかに姿かたちが違うくてバレバレです。笑

 

f:id:umiuminikki:20210617231320j:plain

ゴクラクミドリガイ

1匹見つけたらその周囲も探してみましょう。

今回もそのパターン。お初です!!「ゴクラクミドリガイ」!!

 

f:id:umiuminikki:20210617231507j:plain

 

1匹見つけるとそれにばっかり目がいってしまうので最初は全く気付きませんでした。笑

(最初はもう少し離れていました。)

 

f:id:umiuminikki:20210617231909j:plain

 

ナベカでしょうか。

今回は上半身しか見れませんでしたが、その美しさは以前のログでも紹介済みですね!!

f:id:umiuminikki:20210518211928j:plain

 

(過去の写真)

 

f:id:umiuminikki:20210617232011j:plain

クロミドリガイ

よく見る「クロミドリガイ」ですが、この色の個体は鳥取では初めてです。

ミルには付いていないけど、体色は緑色・・・。ますます分からなくなります。

 

f:id:umiuminikki:20210617232101j:plain

オトメウミウシ

鳥取では溢れるほど見る「オトメウミウシ」。

オトメウミウシファンの方は是非鳥取へ!!

 

f:id:umiuminikki:20210617232337j:plain

シロミドリガイ

「シロミドリガイ」は尻尾が猫のように巻き付いてます。

この個体は気まぐれそうだな。笑

 

f:id:umiuminikki:20210617232041j:plain

アオウミウシ

大人気「アオウミウシ」ですが、質感は完全にアゲハ蝶の幼虫。

幼虫がこの柄なら成虫はどれほど美しくなるのでしょうか。

 

f:id:umiuminikki:20210617232210j:plain

シロガヤ

「シロガヤ」もちょっとした洞窟に入ればそこら中にあります。

触ると被れるので油断大敵。「スミゾメミノウミウシ」付いてないかな~~と覗くのですが、さすがに背景が白いといるのバレバレですね!!

 

f:id:umiuminikki:20210617232507j:plain

サラサウミウシ

さらに「サラサウミウシ」。

この子も鳥取では定番になりつつあります。

ラッキー!!二次鰓がホイップクリーム型!!

 

f:id:umiuminikki:20210617232416j:plain

 

マクロも撮りながらふと見上げると面白そうな地形。

 

f:id:umiuminikki:20210617234620j:plain

 

海の中はさらに面白そう!!

 

 

念のため反対側を確認したうえでいざ穴潜り!!
また1つ面白い場所を見つけました🎵

 

にしても面白い地形ですね。大きな岩が宙ぶらりんです。どうやって形成されたのかが気になりますね。

 

f:id:umiuminikki:20210617235526j:plain

ゴシキミノウミウシ

ふと目を向けると・・・おそらく「ゴシキミノウミウシ」で合っているでしょう!!

こちらも初見のウミウシです。

 

五色と言うだけあって美しい色合いです。

 

f:id:umiuminikki:20210617232549j:plain

 

バッテリーも無くなってきたのでそろそろ帰るかと思った矢先に何やら小さな生き物がフラフラしていました。最初はクラゲなのかなと思ったのですが、よくよく見ると違う・・・イカ?なのかな。

 

イカんせん初めて見たので詳しいことは何も分かりません・・・。

 

f:id:umiuminikki:20210617232531j:plain


アップで採るもピントは合わない。

難しいです。

 

発生元を探すも見つからず、これがよく見られる光景なのかもわかりません。

バッテリーが無くて動画が撮れなかったのが心残りです。

 

 

ということでマクロのログでした。

今回もお初のウミウシに出会うことが出来ました。何気に今まで鳥取では潜るたびに新しい生き物と出会っています。それだけ豊かな海ということなのでしょう!!

 

次回はどんな生き物に出会えるのか⁉

夏の到来が楽しみです!!

 

 

鳥取 スキンダイビング ログ83

はいさい、

 

東京事変のテレビ出演が増えている今日この頃。毎週末の楽しみが出来ている状況ですが、そんなこんなで過ごしていると気付けば6月半ば。今月何かしたっけ🤔

 

 

ということで連日の更新!!

先週の土曜日に潜った時のログです。毎度のことながら天気は微妙でしたが、雷が鳴らなければ問題なし。少し場所をずらして潜ってきたのでご覧ください。

 

f:id:umiuminikki:20210614232626j:plain

 

ということでやってきました。

最近は潜った先々で原付ダイバーTシャツを一緒に写しています。

 

f:id:umiuminikki:20210614232649j:plain

 

この日は同じ海岸ながら少し場所をずらしました。

丁度満潮なのでいつもより潮が満ちています。

 

f:id:umiuminikki:20210614233857j:plain

 

こちらはガレ場が広がり、ところどころに茂る海藻。少し場所が変わっただけですが、見える景色は随分と違います。

 

f:id:umiuminikki:20210614233218j:plain

 

同じ場所で撮った写真ですが、ダイブ+を通すとこんなに違います。

見えている景色は上の方が近いですが、映えるのは下の写真。

水面鏡粘ればよかったな・・・。

 

ちなみに、今回は先にドームレンズを付けてワイドを楽しみました。丁度満潮だったので都合が良いかなと思った次第です。

 

f:id:umiuminikki:20210615213143j:plain

 

さらに海藻と風景。何気ない風景でもやっぱり新鮮です。

 

f:id:umiuminikki:20210615213455j:plain

 

画角が広いと写真が楽しい!!

理由は不明ですがお気に入りの写真になりました。笑

 

f:id:umiuminikki:20210615215305j:plain

マンリョウウミウシ

ちなみに上の写真の中には巨大な「マンリョウウミウシ」とアメフラシがいます。

この個体はめちゃくちゃ大きかったです。今までに見た中で間違いなく1番大きい。500mlのペットボトルぐらいの大きさでした!!

f:id:umiuminikki:20210615223402j:plain

 

何やら海底から伸びる背の高い海藻。

ムチカラマツとは違いますよね??

エビとかついているのかな。

 

f:id:umiuminikki:20210615223409j:plain

 

海底にあるミルには「クロミドリガイ」。

3匹ほど付いていました。完全にウミヒルモに付く「サンカクミドリガイ」の感覚です。

 

f:id:umiuminikki:20210615221622j:plain

 

マトリョーシカのような3つの島。

どこからいつの間に撮ったのかは記憶にございません。

 

f:id:umiuminikki:20210615222026j:plain

 

所々にある砂地も下見していきます。

ここで水深8mぐらいでしょうか。

 

海藻や生き物の隠れそうな場所はなし。砂地探しの旅は続く・・・。

 

f:id:umiuminikki:20210615222045j:plain

 

一通り遊んで、続いて地形へ。

 

f:id:umiuminikki:20210615222157j:plain

 

角切りの岩々。

前回ライト持ってこなかったので持って行けばよかったと後悔。

 

ここも狭いのでSUPでは入れないダイバー専用の場所です!!

 

f:id:umiuminikki:20210615222839j:plain

 

青の洞窟を彷彿させる青さです。

 

f:id:umiuminikki:20210615222931j:plain

 

続いての洞窟へ。

ここも4月に来たときはまだ海藻が生い茂っていました。

そのあとはどこへやら。2か月でこんなにも景色が変わってしまうなんて・・・。面白い!!

 

f:id:umiuminikki:20210418221644j:plain

 

これは4月の写真ですが、うーん、あまり違いが分からない😅

 

f:id:umiuminikki:20210615223000j:plain

 

張り切って洞窟内へ。2か所の出入り口から光が入ります。

 

f:id:umiuminikki:20210615223104j:plain

f:id:umiuminikki:20210615223126j:plain

 

洞窟を出るとウミウシが交接中??

「クロシタナシウミウシ」と「アオウミウシ」です。

 

確かに至る所にウミウシの卵がありました。ウミウシガチャの中に大当たりはあるのか⁉


f:id:umiuminikki:20210615223050j:plain

 

 さらに「金色の野」へ。

 

f:id:umiuminikki:20210615223316j:plain

f:id:umiuminikki:20210615223340j:plain

f:id:umiuminikki:20210615223346j:plain

f:id:umiuminikki:20210615223356j:plain

 

揺られる海藻に癒されながら、新たな楽しみを発見したのでした。

こういう場所でがっちり動画なんかもチャレンジしようかな。

 

水深1mほどの浅場なので、遊びながらちょっとカメラの設定をいじってみたり。

いじってはみるもののいまいち差別化が出来なくて、何がどう良いのか分かりません。結局カメラは自己満足なので自分が良いと思えばそれで良いのですが、綺麗な海を100%紹介できないのは、技量のなさ故。ちょっぴり寂しいのです。

 

f:id:umiuminikki:20210615223308j:plain

 

最後は水路を抜けてエグジット。

打ち上げられるように陸に上がりました。

 

 

ということで、本当はワイドはサクッと終わらす予定だったのですが、気付けば90分オーバー。水温も20度を越えて、むしろ暖かいぐらいの感覚になってきました。内地の海に染まりつつあります。笑

 

やっぱりGoPro買うか~と再度思うのでありました。

 

後半はマクロ編。

近日公開予定です!!

 

鳥取 スキンダイビング ログ82

はいさい、

 

東京事変の新アルバム「音楽」、もうお聞きになりましたか??
もちろん私はリピートして何度も聞いています。内容はこてこてですが、後味スッキリという新感覚。豚骨ラーメンを食べた後にフルーツで口直し。これが腹8分で収まってしまいます。

 

 

ということで鳥取でのスキンダイビングのログは前回の記事の続きになります。

なんやかんやあって3週間空けての更新になりました。m(__)m

 

前回のはこちらからどうぞ⇊

 

umiuminikki.hatenablog.com

 

そして今回はワイド編ですね。

 

f:id:umiuminikki:20210612223050j:plain

 

と、その前に投稿し忘れていたウミウシ5種の答え合わせです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:umiuminikki:20210612223306j:plain



ということでいつもの場所から。

 

f:id:umiuminikki:20210612223540j:plain

 

f:id:umiuminikki:20210612223935j:plain

 

2本目の目的は「ネコザメ」。

過去に1度見たことがあるのですが、是非ともカメラに収めたい。

 

2本目となると体も冷えて寒いのでとにかく泳いで泳いで泳ぎました。

20分ほど探すも見つからず。

 

一期一会の海ですから、いずれカメラの前に現れてくれることでしょう。

 

 

ということでフラフラしながらクラゲを撮りました。

いまいち撮り方が分からないのですが、きっと良い被写体になるはず!!

 

f:id:umiuminikki:20210612230751j:plain

f:id:umiuminikki:20210612230804j:plain

 

 

 1本目に行った洞窟も再度レンズを持って撮りに行きました。

ワイドもマクロも同じ場所にあるのであれやこれやと忙しいです。

 

 

 トンネルを通過。この日は流れがあったので身を任せながらゆったり通り過ぎました。

 

f:id:umiuminikki:20210612230934j:plain

チカメキントキ

途中何やら浮遊している魚がいるなと思い赤色のヒレが綺麗な魚。

「チカメキントキ」です。

 

普段は80m~240の深い場所にいるらしいのですが、どういうわけか浅場の洞窟まで迷い込んできてしまった様子。

 

皆さん今鳥取で潜れば「チカメキントキ」に会えますよ!!

 

 

f:id:umiuminikki:20210612225501j:plain

 

トンネルを抜け続いて海藻ゾーンへ。

ドームレンズを付ければぽくなりますね!!

 

 

沖縄にはない景色。

ジャイアントケルプの林を抜けるのをイメージしてます。笑

 

もう少し茂った場所でないとイメージ通りには行きません。

 

f:id:umiuminikki:20210612225542j:plain

 

浅場の海藻には小魚の群れも出てきました。

黄色い細長い魚ですが、何の群れでしょうか。

 

最後は先ほど「ゴマフビロードウミウシ」を見た砂場で遊んでみました。

 

 

 

 

カメラを置いて泳いだり、逆立ち歩きしたり。

ほかにも叫んだり、探したり、寝転んだりしていました。笑

 

一通り遊んでカメラの電池も残り1本になったところでこの日は終わり。

 

f:id:umiuminikki:20210612225625j:plain

 

最後帰り際にパチパチと。

何気結構お気に入りの写真になりました。

 

 

ということでスキンダイビングのワイド編でした。

当初の目的である「ネコザメ」はいずれ撮るとして、砂地で遊ぶのは結構楽しかったです。毎度のことながらワイドもマクロも楽しめるポイントで、どっちにどれくらい時間を使おうか悩みます。

 

いっそのことGoPro買って動画用に使おうかな。

以前買ったモドキは水中で中心が青くなってしまい使い物になりません。これからは暖かくなるし、きっと今よりも長い時間海で遊ぶことでしょう。決断の時!!

 

 

 

鳥取 スキンダイビング ログ81

はいさい、

 

梅雨に入って数日。ジメジメした日が続き、気分も撃沈。なかなか動き辛い世の中ではありますが、残念ながら会社は私を締め付けすぎてしまったようです・・・。

 

 

ということで、鳥取で潜ったログです。

一昨日上げたのが15日の記事、今回は16日です。

 

15日の海では満足しきれなかったので、天気は悪かったのですが、2日連続で行っちゃいました!!ヤル気があると片道2時間も近く感じますね。

 

f:id:umiuminikki:20210518225722j:plain

 

そしてやってきました!!

いつもの場所。

 

いつも見ているWindyでは波高が0.9m。以前一度同じ波高の時に来たのですが、この日は強い南風が吹いていたので穏やかだったみたいです。

正直自分の目で確かめるまではエントリーできるかはっきり分かりませんでした。如何せん情報がないので、モノは試しということです。

 

ちなみに「伏野海岸」のライブカメラがめちゃくちゃ穏やかだったのでまあ行けるだろうということだったのですが、これも新たな情報源になりました。

 

f:id:umiuminikki:20210518225737j:plain

 

ということで張り切ってエントリー!!
すぐに黄金色の綺麗な魚とバッタリ。

 

全然逃げないのでびっくりです。鳥取の魚はみんな大人しいのか??

 

しかし名前が分からないのが・・・。

顔、形、体高見ればおおよそ種類の見当は付くのですが、どこをどう触ったら良いのか、どう調べれば良いのか、何とも困るお魚です。

 

f:id:umiuminikki:20210518225819j:plain

クロシタナシウミウシ

「クロシタナシウミウシ」は縁がオレンジ色バージョン。

ウキウキでウミウシポイントに向かっていたので、上から1枚撮っただけです。😅

 

f:id:umiuminikki:20210518225821j:plain

 

同じTg5の写真でもモードを変えると水中とはとても思えない透明感のある写真が。

何をどういじってこうなったのかは分かりません。😅

 

しかしここに来てTgの新たな可能性に気付いたのでした。

 

f:id:umiuminikki:20210520212054j:plain

 

ヒラムシも居たのでパチッと。

この後大量に居た場所も発見したのですが、なんか恐怖を感じたので写真は撮ってません。笑

 

f:id:umiuminikki:20210520212310j:plain

キヌバリ

そしてヌケニン型のフワフワ浮遊ハゼ「キヌバリ」。

綺麗なハゼですが、一般的な魚らしい。ヒレが開いている写真も見ましたが、とっても綺麗ですね!!

 

じっくり狙いたい魚です。

 

f:id:umiuminikki:20210520213700j:plain

 

なんやかんやフラフラしながら前日のウミウシポイントへ。

ライトがないと真っ暗です。

 

f:id:umiuminikki:20210520214157j:plain

アオウミウシ

さっそく壁に張り付きながらさがしていきますが、本当に簡単に見つかります。

それこそどの個体が撮りやすいかを選べるくらい。笑

 

f:id:umiuminikki:20210520214332j:plain

シロウミウシ

「シロウミウシ」もここでは定番なようです。

以前一度見ただけですが、ここにはわんさか。集まってくる理由があるのでしょう。是非詳しい方に教えてもらいたいものです。

 

f:id:umiuminikki:20210521223302j:plain

サガミミノウミウシ

そしてピンク色の綺麗な「サガミミノウミウシ」。

沖縄でよく見ていた「セスジミノウミウシ」や「ロータスミノウミウシ」よりもふんわりしている印象です。

 

f:id:umiuminikki:20210520214251j:plain

サラサウミウシ

そして前日にも見た「サラサウミウシ」。

 

そして写真は撮っていませんが、「オトメウミウシ」を含む5種がこの場所の常連さんのようです。

 

f:id:umiuminikki:20210520214849j:plain

 

そして実はこの一枚にその5種が全部写っています。

この写真からも分かる通り、本当にウミウシが密集しています。笑

 

密です!!

 

そして5種の答え合わせは最後に撮っておくとして、

 

f:id:umiuminikki:20210520215038j:plain

 

洞窟内ではイソギンチャクに食べられる、何かの抜け殻??

フナムシのようなダンゴムシのようなグソクムシのような。

 

透明ながらもうまくピントが合ってくれてよかったです!!

 

一通り遊んだので洞窟を出て浅めの砂地へ。

 

f:id:umiuminikki:20210520215002j:plain

 

砂地にポツンとある根は生き物を探しやすいです。

そこだけを集中して探せます。

 

f:id:umiuminikki:20210521225850j:plain

クロミドリガイ

そして、その"近く"で見つけたのが「クロミドリガイ」。

上からは見えるはずもなく、ホントに偶然見つけたものです。

 

f:id:umiuminikki:20210520215314j:plain

ゴマフビロードウミウシ

さらに「ゴマフビロードウミウシ」!!

この子も名前だけは知っていたパターン。

 

名前は可愛いのですが・・・私には無精ひげに見えて仕方ありません。ごめんなさい!!

調べてみると猛毒を持っているウミウシとして紹介されていたのですが、これがウミウシ全体に掛かっているのか、ゴマフビロードウミウシ単体に掛かっているのか、どちらともとれる書き方でした。まあ、毒を持っているウミウシも多くいるのでどっちゃでも良いのですが!!笑

 

あと、とあるサイトでは通年見れるって・・・。そうなのーー⁉

 

f:id:umiuminikki:20210521231859j:plain

ワレカワ

多分「ワレカワ」なんだろうな~~と思って撮った写真。

以前から何かいるな~~とは思っていたのですが、撮るまでもないだろうと放置していたのです。しかし、緑色の中に居るとどうも気になってしまい、1枚パシャリ。

 

全体像が見えませんが、エビのような、シャコのような、不思議な生き物です。

 

 

ということで、思った以上のボリュームになってしまったので今回はここまで。

いやしかし、存分にマクロを楽しめたので、それだけでも満足しています。私は欲張りなので、ちゃっかりワイドも楽しんじゃうのですが、それが出来る鳥取の海は本当に素晴らしい!!

 

次回は続きでワイド編をお送りします!!

 

 

鳥取 スキンダイビング ログ80

はいさい、

 

何と近畿地方も梅雨入り!!

早く入って、早く抜けてくれるとありがたいのですが、天気予報を見ているとどうやら長居するとのこと。ジメジメ・ムシムシは勘弁してもらいたいものです・・・。

 

 

ということで久しぶりに鳥取で潜ってきたのでそのログです!!

先週は海況が悪かったので家でじっとしていたのですが、こうも天気が良いとやはり海に行きたくなります。

 

f:id:umiuminikki:20210517213935j:plain

 

ということでやってきました。

今回から原付ダイバーTシャツもセットで撮影することに。

三日坊主で終わらないように頑張ります。笑

 

f:id:umiuminikki:20210517214216j:plain



海の中は透明度良好。10mは確実に見えていました。

 

f:id:umiuminikki:20210517214341j:plain

 

今回は洞窟探検。なのでドームを付けて挑みます。

 

f:id:umiuminikki:20210517214512j:plain

f:id:umiuminikki:20210517225834j:plain

f:id:umiuminikki:20210517214641j:plain

 

でもあまりドームの良さが発揮できていません💦

岩がゴロゴロ。穏やかで良い場所です💤

 

f:id:umiuminikki:20210517214855j:plain

 

巨大ウツボに見える岩。

目と見るか花とみるかはそれぞれですね。

 

f:id:umiuminikki:20210517215150j:plain

 

奥に行っても出口の場所が分かるのは安心ですね。

 

f:id:umiuminikki:20210517222744j:plain

シロウミウシ

f:id:umiuminikki:20210517222803j:plain

アオウミウシ

更にふと壁を見ると「シロウミウシ」に「アオウミウシ」!!

ほかにも「オトメウミウシ」や「サガミミノウミウシ」などこの周辺では定番のウミウシがわんさか住んでいましたが、

 

f:id:umiuminikki:20210517224008j:plain

サラサウミウシ

内地では初見の「サラサウミウシ」に、

 

f:id:umiuminikki:20210517224214j:plain

マダラウミウシ

完全初見の「マダラウミウシ」も。

 

探せばもっとたくさんいる予感がピンピンします!!

しかし今回はドームを付けていたので接写はできず。

 

次回来るときはマクロモードで突入することを約束して今回は退散しました。

 

f:id:umiuminikki:20210517225923j:plain

 

洞窟を出てから緑が映えていたので1枚。

4月に来たときはこの海藻に「アリモウミウシ」がたくさん付いていまいしたが、今回は一切見かけませんでした。どこに行っちゃったのでしょうか🤔

 

f:id:umiuminikki:20210517230539j:plain

 

切り立った岩も特徴的です。

 

f:id:umiuminikki:20210517230652j:plain

 

浅瀬に戻ってくると「アメフラシ」もちょっとした牧場みたい。

 

f:id:umiuminikki:20210517230857j:plain

 

卵もそこら中に・・・。

なんか来年は足の踏み場もないぐらい繁殖しちゃうのではないかと心配になります。😅

 

 

f:id:umiuminikki:20210518212205j:plain

フタタスジミノウミウシ

大きなクロメの上には「フタスジミノウミウシ」。

これも初見のウミウシだったのでうれしかったです。偶然潜って偶然見つける。まさに運命です。笑

 

f:id:umiuminikki:20210518211747j:plain

 

浅瀬の一見地味そうな魚も、カメラで撮ってみると案外映えますね。

透明感のある綺麗な魚です。

 

f:id:umiuminikki:20210518211841j:plain

 

そしてこちら「NERVヴンダー」。

「激突!轟天対魔艦」のBGMが脳内で流れています。

ヒレもぱっちりでカッコいい!!

 

にしても4月にはほとんど見なかった魚です。不思議です🤔

 

f:id:umiuminikki:20210518211928j:plain

ナベカ

そして最後に見つけた「ナベカ」。

カラフルな魚にも関わらず沖縄には住んでいないそうです!!

 

しかもこの魚、尾びれにかけてが特徴的。

 

f:id:umiuminikki:20210518211936j:plain

 

人魚スーツを履いているかのような柄です。

 

しかし沖縄では見向きもしなかった浅瀬の海。

環境が違えば当然住む生き物も変わってくるのでしょうが、沖縄ではしてこなかった楽しみがここに来て開花してきました。

 

しかもここの魚たち、とても大人しいのです。

ここでならいろいろカメラの設定を変えながら写真を楽しめそうです!!

 

 

ということで鳥取スキンダイビングでした。

トータルで4時間近く潜ったのですが、前半の2時間少しは別件でカメラも持って行かずひたすら泳いでいました。後半も風景用にドームを付けていたので、洞窟内のマクロ達は全く寄れず。これはリベンジしないといけません。

 

しかしやっぱり地形もマクロも楽しめる素晴らしいポイントだと確認。

これはだれかマクロ楽しめる人連れてきたいな~~。

 

バディは相変わらず見つからずです~~😅

これこそ開拓ダイビング!!

はいさい、


GWも明日で終わり。海はNGです。川に行こうかとも思ったのですが、雨予報の為潜れません。まあ大人しくしておれということなのでしょう。なんだかな~~

 

 

ということで本日は数少ない海に潜れる日。そうと決まれば潜りに行くしかありません!!

 

そんなこんなでやってきたのはたつの市室津

以前瀬戸内海で他の場所を開拓しできればそこで潜りたかったのですが、緊急事態宣言で駐車場がクローズになっていました。

 

「道があれば潜る、穴があれば入る」

 

f:id:umiuminikki:20210504180706j:plain

 

やってきました。以前から目を付けていた場所です。

釣り人がいる場所は雨の日に行くと良いのですが、今日はお初ということで。

 

f:id:umiuminikki:20210504180937j:plain

f:id:umiuminikki:20210504180945j:plain

 

一応近くの釣り人に「ちょっと潜らせてもらいますね。写真撮るだけです。」とだけお伝えし、ジャイアントでエントリー。

 

釣られても釣ってしまっても困るので、今回泳ぐ範囲はごく狭い場所です。

 

f:id:umiuminikki:20210504184042j:plain

 

想像通りニゴニゴですね。

海底も砂はほとんどなくガレが転がっています。

 

f:id:umiuminikki:20210504184051j:plain

 

壁は海藻が生い茂り、狙うは所々にある隙間。

最初は怖かったこの光景も徐々に慣れてきました。

 

f:id:umiuminikki:20210504185403j:plain

f:id:umiuminikki:20210504190301j:plain

f:id:umiuminikki:20210504190320j:plain

 

魚は最大でも15㎝ほど。まだまだ小さい子が多いです。

最近は一見地味に思える魚もバチっと撮ってみたくなりました。

 

そう思うのも、鳥取や瀬戸内海、ひいては内地の海で潜ったからこそだと思います。沖縄だとどうしてもカラフルな魚に目がいっちゃいます。

 

また1つダイビングの魅力に気付いてしまいました。笑

 

f:id:umiuminikki:20210504190525j:plain

 

そして赤いカイメン。

こういうのを見ると隅々まで探したくなるのがダイバーの性ですね。笑

 

瀬戸内海にもカエルアンコウとかカイメンに擬態するウミウシいるのかな。

 

f:id:umiuminikki:20210504223655j:plain

イソギンポ

「イソギンポ」もパチパチつけまがキュートですね。

岩場の浅い場所に居たので、波に揺られてじっくりは撮れませんでした。

 

いや~タイドプールが欲しい!!

 

f:id:umiuminikki:20210504190619j:plain

 

ここまでマクロが全くいなくて絶望していたのですが、ウミウシの卵を発見!!

私が見つけきれないだけでどこかしらには隠れて居るということなのでしょう。

 

f:id:umiuminikki:20210504190659j:plain

 

この海藻も入念に探しましたが、特には見つからず・・・。

 

f:id:umiuminikki:20210504190712j:plain

 

最後の最後に壁についているミルから「クロミドリガイ」。

写真の中だけで8個体写っています。笑

 

そういえば以前潜った瀬戸内海のポイントでもミルに「クロミドリガイ」が大量についていました。

 

ちなみにミルは、地域によっては食用になっているそうです。

捕まりたくないので採りませんが、探せば容易に見つかります。

 

 

ということで室津の海でした。
成果はほとんどありません。分かったことはほとんど何もないということ。これも探せば変わる可能性は大いにありますが、私の目では限界があります💦

 

 

しかしあまり人の入っていない海に入ると、やっぱり周りからは密漁していると勘違いされているのか、今日は漁師さんが近づいてきたとかはありませんでしたが釣り人からは「何か獲るのですか??」と聞かれたり。

何かを獲るわけでもなく、もちろんルールの範囲内で潜っているのですがやっぱり漁師さんとのコネクションを持って憂いなく潜りたいと思いました。

 

どうでしょう、ちょっとこの海底何があるか、どんな魚が居いるか見て来てよ~~等あれば喜んで、率先して見に行きます。笑

どうぞよろしくお願いいたします。🙇🙇

 

 

 

 

早起き出来たので潜ってきましたin鳥取

はいさい、

 

遂にGW。緊急事態宣言下、思いのほか天気が良かったので海を見に行ったのですが・・・駐車場が閉まっていました・・・。どうしよう・・・。今からファンダイブ予約できるのかな・・・。

 

ジオパークの海は流れが複雑です。一帯を泳ぐときはかならず慣れた人と一緒に泳ぎ、無理のない範囲で楽しみましょう。

 

ということで「早起き出来たので潜ってきました」in鳥取

 

と題しまして、これは木曜日の話です。

前日海に行こうか熟考したのですが結論が出ず。これは朝の気分で決めるしかないな、と布団に入ったわけです。

 

f:id:umiuminikki:20210501212630j:plain

 

出やってきました。この日はいつもと違う場所からエントリー。前回の目的は「素潜りダンゴウオチャレンジ」でしたが、今回はまた別の目的を引っ提げやってきました。

 

透明度良し!!砂地良し!!

 

ですが、これはがっつり補正されたもので実際は、

 

f:id:umiuminikki:20210501212919j:plain

 

透明度良し!!砂地良し!!雨がしっとり!!お空真っ暗!!

まあ結局海水で濡れるので関係ないのですが、やっぱり曇天だと不気味さが増します。

しかし雨の日にも潜るのに理由があります。それは釣り人やSUPがいないこと。海はみんなで共有しているものですから分け合って使えば良いのですが、雨の日はダイバーの独り占め!!普段はなかなか踏み込めない場所でも行ける確率が高くなります。

 

f:id:umiuminikki:20210501213536j:plain

クロシタナシウミウシ

今回の目的は後々明かすとして、とりあえず言えることは、今回はマクロはお預け。と言っても居ると撮ってしまうので「クロシタナシウミウシ」。

 

瀬戸内海でも見ましたが、日本海にもいました!!

f:id:umiuminikki:20210501214257j:plain

マンリョウウミウシ

更に「マンリョウウミウシ」。

大きかったので泳ぎながら海底に居るのが分かりました。

 

しかしこのウミウシ、最初見た時はてっきり「ミヤコウミウシ」かと・・・。

似ている種も多いので間違うのも仕方ないですよね!!

私が大恥かく前にTwitterで教えていただいた方、ありがとうございます!!笑

 

f:id:umiuminikki:20210501214954j:plain

 

今回来ているポイントはいつもの場所とは違い、浅めの場所から綺麗な砂地とガレ場が広がっています。この辺りでマクロ探せば楽しいだろうな!!と思いつつ通り過ぎます。

 

f:id:umiuminikki:20210501215849j:plain

f:id:umiuminikki:20210501215907j:plain




今回は往復3km越えの長旅です。崖沿いを泳ぎながらパチパチ写真を撮っていきます。ジオパークなだけに水中も陸も面白いです!!

それにしても穏やかな海良いですね~~。

 

f:id:umiuminikki:20210501220116j:plain

 

もちろん海の中もパチパチ。

大岩の間のトンネル。今見ている穴は狭かったのでその下に見えるトンネルを潜りました。GoProモドキで動画を撮ったのですが、取り込めなかったので今回はお預けです。

 

f:id:umiuminikki:20210501221414j:plain

 

崖と水中と忙しいダイブです。笑

 

f:id:umiuminikki:20210501221532j:plain

 

海藻の茂る大岩に、

 

f:id:umiuminikki:20210501221946j:plain


水路の地形。

 

 

(動画縦にしてご覧ください🙇)

 

ここをスキューバで通ったら面白いだろな~~。周りの地形の合わせて私ならどんな感じでコース作る出ろな~~。そんなことを考えていると案外地形も覚えられるものです。

 

 

 そしてここから湾を突っ切っていきます。が、怖いのである程度は岸に沿って泳いでいきます。

 

とりあえず目指すは動画の奥に見える小岩。

こうしてみると遠いですが距離にすると500mほど。

 

 

肉眼だと一応底は見えています。おそらく水深20mほどあるのでしょう。透明度としてはかなり良いですね!!

 

ここもスキューバで潜ったら面白そうです。

 

f:id:umiuminikki:20210501224020j:plain

 

そしてほぼ対岸へ。岸の浮き輪が人が体育座りしているように見えてちょっと怖かった😅

 

目的地ではありませんが、穴があったので入ってみることに。

 

f:id:umiuminikki:20210501224223j:plain

f:id:umiuminikki:20210501224242j:plain

f:id:umiuminikki:20210501224256j:plain

 

コンセプトは「道があれば潜る、穴があれば入る」。

中はすぐ行き止まりですが、やっぱり洞窟はワクワクします!!

 

f:id:umiuminikki:20210501223134j:plain

 

洞窟を楽しんで、続いて水路。

綺麗に切り立っています。幅は2m近くあるのでジャンプで渡るのは勇気がいりますね!!

 

 

ここの水路は水深が浅いのですが、コースの後半にうまく組み込めば最後まで楽しいポイントになりますね。

 

f:id:umiuminikki:20210501224725j:plain

 

 海に居ながら崖にも目を向ける。

特殊な壁がそびえてました。「凝灰角礫岩」と言うらしい??

 

SUPはこういった風景も楽しむのでしょうね。ダイビングでも楽しめるのは素晴らしい!!

 

f:id:umiuminikki:20210501225549j:plain

 

かなり近づきました。

今までは湾になっていたので穏やかだったのですが、ここからは波が直接入ってくる地形です。正しく海況判断をしなければ変な場所に流されかねません。

 

潮汐的にはベストではないのですが、行けるところまで行ってみようと思います。

 

f:id:umiuminikki:20210501230033j:plain

 

途中ではまたしても洞窟を発見。

この洞窟はあまり奥まで続いていませんでした。

 

f:id:umiuminikki:20210501230911j:plain

 

底にはポットホールのような地形もありました。

 

f:id:umiuminikki:20210501230427j:plain

 

気になる場所一通り楽しみながら進んでいきます。

 

また複雑な地形。うーん・・・ゴロリ!!違うか。笑

 

f:id:umiuminikki:20210501231109j:plain

 

で、遂に到着!!

竜神洞」です。陸からも行けたのですが、崩落の危険性があるため現在は通行禁止になっているそうです。

 

f:id:umiuminikki:20210501231322j:plain

 

入り口は2つ。

中でつながっています。

 

f:id:umiuminikki:20210501234033j:plain

f:id:umiuminikki:20210501234055j:plain

f:id:umiuminikki:20210501234135j:plain

 

中からは深い青色の景色が楽しめます。

沖縄にも「青の洞窟」はありますが、ここも負けず劣らず。

いや、そんな優劣つけるようなものではありませんね。失礼いたしました。

 

どちらもとっても素晴らしい!!

 

f:id:umiuminikki:20210502000043j:plain

 

小さな穴は奥まで続いていそうですが、スキューバでないと行けません。

 

 

 中からの景色。

ピントが途中からずれてしまいました。💦

 

光量があるともっと綺麗なのでしょうが、曇天の日は海の青さが深くなりますね。

こんな日の写真を撮って紹介しているのも当サイトぐらいでしょう。笑

 

晴れた日に行くのが楽しみだ!!

 

洞窟に潜入する映像も一緒にどうぞ。m(__)m

 

ということで目的達成です!!

ほかの地形に関しては行きしに堪能したのでここからは早足に帰っていきます。写真もほぼ取らずにそそくさと。笑

 

途中で止まるとつらいので30分間泳ぎ続け、

 

f:id:umiuminikki:20210502002806j:plain

 

エントリー場所が見えるところまで戻ってきました。 

 

泳いでいると寒さも吹っ飛んでしまったので、ここから少しマクロを探してみました。笑

 

f:id:umiuminikki:20210502003006j:plain

アズキウミウシ

「アズキウミウシ」は再登場。常連さんですね🎵

 

f:id:umiuminikki:20210502003234j:plain


良い感じの海藻も。こういう場所にタツノオトシゴいないかな~~と入念に探します。

 

f:id:umiuminikki:20210502003324j:plain

 

頭に立つ旗が「ハタ人間」を彷彿させます。私がかなりやりこんだゲームです。笑

 

f:id:umiuminikki:20210502003838j:plain

 

内地にも綺麗な魚が居ますが、同定できない💦

また魚図鑑新調しますかね。

 

f:id:umiuminikki:20210502004050j:plain

オニカサゴの幼魚

f:id:umiuminikki:20210502004102j:plain

オニカサゴの幼魚

そして、何かいる!!と横目に見ると、ピンク色のレアそうなカサゴ!!

詳しい人に教えていただいた結果「オニカサゴ」だと判明!!

 

もっと茶色い地味な、擬態上手なイメージがあったのですが、幼魚は綺麗な色をしています。場所は覚えたのでまた行くとしましょう。

 

 

ということで長々と書きましたが、総括すると、泳いで竜神洞まで行ったよ!!ということでした。そしてそこまでの往復3km超でおおよその地形は把握できました。沖縄のようにセルフではなかなか潜りにくい環境ですが、不可能ではないと勝手に思っています。笑

 

皆さんを案内したい場所もたくさん。マクロも充実してそうだったので次回はじっくり探してい行きたいと思います。

そしてこの素晴らしいジオを皆さんにお届けできたらと思います。

 

 

ちなみに帰りに「海と大地の自然館」に寄ってきました。

どうやらここにウミウシや魚の図鑑があるそうで。本棚にズラリ!!なんでも揃っていて本当に頼りになる場所でした。

 

ジオパークのパンフレットもいただき、これをもとに潜れる場所探しながら開拓していきたいと思います。

 

そして「鳥取県東部沿岸および周辺海域におけるウミウシ類(予報)」という論文もあったので一緒にいただいてきました。ちなみにこの論文は鳥取県立博物館のホームページからダウンロードできますので、興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか。

 

鳥取で見たウミウシを同定するのに物凄く役立ちます!!

ちなみに私が見ているウミウシは全て論文内で紹介されていました!!

 

 

ということだ気が付くと久しぶりに3000文字オーバー。

3km、3時間、3000文字のトリプルスリーでお送りしました!!

 

近場で潜れる場所を探した結果・・・

はいさい、

 

年度が変わり早くも1月が経過しそうです。月日が過ぎるのはこんなに早かったかいな~と、ことあるごとに感じています。

 

ということで「近場で潜れる場所を探した結果・・・」と意味深なタイトル。

 

私の住む場所は周りが山に囲まれ、近場の海でさえも最低1時間はかかります。近くの海と言っても瀬戸内海で、ドロドロで遠浅のイメージしかりません。

しかしこの日の私は違いました。前日に川で潜りイケイケゴーゴーだったのです。そのままの勢いである場所で潜ってきました。場所は・・・秘密です。笑

 

 

f:id:umiuminikki:20210427210241j:plain

 

ということでやってきました。

海!!

 

いつも鳥取までの長旅だったので、その近さに驚きです。ここが開拓できれば海の楽しさはもっと広がりますね!!

 

f:id:umiuminikki:20210427210643j:plain

 

浜辺の透明度は良好。

生き物は少ないですが水遊びをする分には十分です。

 

f:id:umiuminikki:20210427210744j:plain

 

水深1mを越えた付近から水草が茂ってきました。

これは沖縄では見なかった光景なので新鮮です。

 

しかし水草が生い茂る場所は底が見えなくてちょっと怖いですね。

この茂みから変なものが出てきたらどうしよう!!なんて考えながらひたすら進んでいきました。

 

f:id:umiuminikki:20210427211011j:plain

 

途中の開けた場所では小さな魚たちが群れていました。

 

f:id:umiuminikki:20210427211154j:plain

 

そしてしばらく進むと海藻エリアからドロドロエリアへ。

ここも以前の私でしたら尻込みしていたでしょう。ずっと底の見える場所で潜っていたのでこんなに透明度が悪いのは久しぶりです。

 

それこそ、あの沖縄でもトップクラスに意味の分からなかった「メンキュー」並。といっても伝わりませんね。笑

 

透明度でいうと、おそらく3mほど。透視度はもっと悪いです。

それでも、逆にこんなにドロドロでも3mはあるのかという感想です。

 

ちなみに底に見えている丸くて白いものは、

 

f:id:umiuminikki:20210427211548j:plain

 

スポンジのような、ホヤのような。沖縄では見たことのない生き物です。

 

f:id:umiuminikki:20210427211736j:plain

 

途中ではパイプが沈んでいました。

人工物もじっくり見たのですが、ここでは生き物は見つからず。

 

f:id:umiuminikki:20210427211913j:plain

 

そんなこんなで防波堤の付近まで来ました。3つ並んでいるうち、今回はいない場所を探索することにしました。

 

ここまで距離にして200mほど。

果たして何がいるのか⁉

 

とその前にテトラの様子を。

 

f:id:umiuminikki:20210427213834j:plain

 

思いのほか海藻が茂ってました。てっきりコンクリートむき出しで、そこにマクロな生き物が住んでいると思っていたのですが、これでは探そうにも探せません。

 

f:id:umiuminikki:20210427215057j:plain

 

やっぱり透明度は悪いですね。笑

浮遊物も多いですし、あまり口に入れない方が良いような気がします。笑

 

f:id:umiuminikki:20210427215311j:plain

 

ちょっとグロテスクな海藻。もののけ姫に出てくる乙事主をお思い出します。

 

f:id:umiuminikki:20210427221322j:plain

 

海藻以外にも穴から顔を出す可愛いギンポ

 

f:id:umiuminikki:20210427221717j:plain

 

イソギンチャクがしぼんだ後はバスケットボールのような柄です。

 

f:id:umiuminikki:20210427221850j:plain

 

小魚も泳いでいますが、フラッシュで撮ると浮遊物の凄さが分かります。かと言ってフラッシュ無しでは透明度が悪すぎて映るものも映りません。😅

 

以上海藻の生い茂るテトラをお送りしました!!

ちなみに中型のイシダイも泳いでおりました!!

 

f:id:umiuminikki:20210427215507j:plain

クロミドリガイ

ということでお待ちかね。

マクロシリーズ。最初の1匹は・・・「クロミドリガイ」!!

 

この子鳥取でも見ているのですが、個体の色形は全く違います。調べてみるとクロミドリガイ自体に個体差が大きいみたい。それはそれで面白いのですが、初めて見るという感動を返してほしい。笑

この子はテトラの付近に溢れかえっていました。

 

f:id:umiuminikki:20210427220833j:plain

 

こんな感じでテキトーに撮った1枚の中でさえ4個体写っています。

最早お腹いっぱいなのですが、この光景を見て俄然やる気が湧きました。

 

たとえ同じ種でもこんだけたくさんいるということは、似たような環境を好むマクロな生き物たちがたくさんいるはず!!

 

f:id:umiuminikki:20210427221116j:plain

 

ミカドウミウシが「スパニッシュ・ダンサー」と呼ばれますが、こちらも十分ダンサーしてます。

 

見たことのない柄のヒラムシ!!

 

f:id:umiuminikki:20210427222307j:plain

クロシタナシウミウシ

偶然潜った先に居た「クロシタナシウミウシ」。

地味ですが、初めて見るウミウシなのでこれは嬉しい!!

 

f:id:umiuminikki:20210427222826j:plain

クロシタナシウミウシ

更にもう1個体。こちらは縁が赤色混じりで最初は違う種なのかと思ったのですがただの個体差のようです。

 

このウミウシは合計3個体発見しました。

 

f:id:umiuminikki:20210427223516j:plain

 

触角と尻尾が青くて綺麗なミドリガイの仲間。同定はできず・・・鋭意調査中です。

 

とか言っている間にそういえば「アズキウミウシ」・・・

と調べてみるとどうやらそれっぽい。

 

個体差がありすぎてけ確定まではできませんが、触角と尻尾が青いのは一緒ですね。

だとすればこれも鳥取で見た種です。初めて見る種だと思っただけに残念💦

 

f:id:umiuminikki:20210427225502j:plain

 

そして最後は「ヒカリウミウシ」。

前々から見たいと思っていたウミウシなので、これは嬉しかったです!!

まさか内地の、しかも意味の分からない場所で逢えるとは。

ただ、この個体大きすぎる!!それほど栄養があるということののでしょうか。次回はもう少し控えめな個体に会いたいな。

f:id:umiuminikki:20210427230514j:plain

 

ヒカリウミウシを見て満足したので帰りに黒いイソギンチャクのようなものをパチリ。フィリピンで似たようなものを見た記憶がありますが、日本にも普通にいるということなのでしょうか。沖縄では見たことありませんでした。

 

 

ということでたっぷり1時間30分。全く知らないドロドロのポイントを楽しんできました!!

 

沖縄でいうと「レッドビーチ」や「天願」です。ちょっと気を抜けばすぐに砂を巻き上げてしまい、なかなかデリケートなポイント。ウエイトも軽めで3mでとどまるのはなかなか苦労しました。

 

しかしマクロも探せばいますし、他に近場で潜れる場所がないだけに重宝したいポイント。まさか沖縄から帰ってきてもこんなに自由に遊べるとは。内地はもっと厳しいと思っていたので・・・。

 

ちゃんと探せば良い場所(?)は見つかるものですね!!

 

 

 

 

水があれば潜る、穴があれば入る

はいさい、

 

緊急事態宣言が出ました。今回は完全にGWを狙い撃ち。「Go Water」ということで完全に海モードでしたがどうしたものか。

 

 

ということで「水があれば潜る、穴があれば入る」と題しまして、今回はとっておきの場所で潜ってきました!!

 

それは、ずばり・・・

 

 

です!!

 

沖縄では考えもしなかったことですが、川沿いを走りながら思ったのです。川でも泳げるじゃん!!

そして川を開拓するメリットは仕事終わりに潜れる!!

 

こんなの沖縄でなかなかできることではありません。

なんて恵まれているのでしょう。笑

 

f:id:umiuminikki:20210425230216j:plain

 

ということでやってきました。

水質は綺麗そうです。浅いですが、ちょこっと撮るだけであれば十分です。もはやダイビングと言うよりかはシュノーケリングですね。

 

f:id:umiuminikki:20210425230904j:plain

 

実際潜って見ると、見える景色は海とは全く違います。浮遊物、色、底にたまる石。

ワクワクドキドキ!!

 

f:id:umiuminikki:20210425231102j:plain

スジエビ

早速生き物登場です!!「スジエビ」。

網では何度も捕まえたことがありますが、カメラで撮るのは初めて。

私のブログで紹介する日が来るとは夢にも思いませんでした。笑

 

f:id:umiuminikki:20210426223830j:plain

 

f:id:umiuminikki:20210426224138j:plain

アブラハヤ



f:id:umiuminikki:20210426224148j:plain




川で見た魚は3~4種類。

「アブラハヤ」という魚は分かったのですが、もう一種は分からず。

 

ヒレが綺麗なのでヒレが開いている時に1枚パチッときたいです。

 

f:id:umiuminikki:20210426225415j:plain

トゲナシヌマエビ

かなり寄れた「トゲナシヌマエビ」。

多分トゲナシヌマエビ。ピントが微妙なのが惜しいですが、ちゃんと撮れば良い被写体になりますね。

 

f:id:umiuminikki:20210426225905j:plain

 

タニシなのかな??川の貝と言えばタニシという認識。

ウミウシはあんなに可愛いのに、なんかちょっとグロテスクに感じます。

これも慣れるのかなあ。

 

そして次の写真は閲覧注意。

私も昆虫があまり好きでないのですが、岩を引っくり返すと潜んでいました・・・

 

f:id:umiuminikki:20210426230408j:plain

 

「カワゲラ」の幼虫なのだそうです。

初めて見た時は背筋が凍る思いでした。すぐにでも川から上がりたかった。笑

 

f:id:umiuminikki:20210426230740j:plain

 

にしても川の生き物ってすごく大人しいです。人慣れしているわけでもないのにここまで寄れてしまう。海ではあり得なかったことです。

 

そしてここからはTG5を持って初めてWBや絞り?感度?をいじった写真です。

川は色が少ないですし、水深も浅いのでさまざまなモードを試しながら楽しめました。

 

意図せずともカメラを深く知る機会になりました!!

 

f:id:umiuminikki:20210426232144j:plain

f:id:umiuminikki:20210426232158j:plain

 

水草をWBを変えて撮ってみたり、

 

f:id:umiuminikki:20210426232301j:plain

f:id:umiuminikki:20210426232321j:plain

 

AモードやらPモードやらあるようですが、何をどういじったかは覚えていません。笑

しかしちょっといじっただけでここまで印象が変わるのですね。

 

f:id:umiuminikki:20210426232517j:plain

 

これも水中モードとは違うモードで撮っています。

フラッシュをたかない分ピントを合わせるのが難しいです。

 

水の中では茶色よりの色に見えた水草も本当はこんな色をしているのかな。自分の目がおかしいのかと思ってしまいます。

 

f:id:umiuminikki:20210426233053j:plain

 

波もないので半水面も簡単に撮れます。

 

f:id:umiuminikki:20210426233151j:plain

 

そして海ではまず見られない風景。

橋とのコラボ!!

 

私が住んでいる場所はホントのド田舎ですが、知らないだけで良い場所がたくさん。

 

f:id:umiuminikki:20210426233323j:plain

 

編集して明るくしてみました。これも無料のアプリでここまで出来るのですから、やっぱり写真は楽しいですね!!

 

f:id:umiuminikki:20210426233612j:plain

 

そして最後に皆さんに質問です!!これは何でしょう!!

 

 

答えは・・・

 

 

 

「ハダカハオコゼっぽい枯葉」でした。笑

 

 

ということで地元の川を楽しんできました。水温は15度前後だと思うのですが、心なしか海よりも寒かったです。それでもたっぷり1時間30分。

 

モノは試しということで潜りましたが、ダイビングの楽しみが更に広がりました。

沖縄を出ていなければ川で泳ごうなんてことにならなかったでしょうし、川で泳がなければWBや各種モードを使って楽しむことはなかったと思います。

 

川でも見たい生き物はいるのでまた時間を見つけて潜りに行きたいと思います。

鳥取のジオダイブ

はいさい、

 

はやくも日曜が終わろうとしています。週休2日制ってちょっと働きすぎではないでしょうか🤔

 

 

ということで昨日の記事の続きです。

マクロで1時間ほど潜り目的を達成した後、今度はドームレンズを持って地形を撮ってきました。私が潜っている場所は「山陰ジオパーク」といまして、特徴的な地形があります。以前からカメラに収めて紹介したいと思っていたので今回撮ってきました。ついでにドームで遊んできましたのでそれもお楽しみください。

 

f:id:umiuminikki:20210418220918j:plain

 

まずはエントリーしてすぐです。

ケラレはあったりなかったり。ちゃんとわかってますのでご安心ください。笑

 

f:id:umiuminikki:20210418221224j:plain

 

普通に撮るより広いです。

比べるものを撮っておけばよかったです😅

 

レンズを持つと見える景色がガラッと変わります。

 

f:id:umiuminikki:20210418221356j:plain

 

なぜか見ているとワクワクします。笑

 

f:id:umiuminikki:20210418221509j:plain

 

アメフラシがたくさんいたので1枚。

6個体写っています。

 

f:id:umiuminikki:20210418221644j:plain

 

半水面も簡単です!!

そしてここからジオダイブ。

 

f:id:umiuminikki:20210418221838j:plain

 

浅い洞窟へ入っていきます。ここはスキューバでは来ることはできません。

 

f:id:umiuminikki:20210418221942j:plain

f:id:umiuminikki:20210418222000j:plain

f:id:umiuminikki:20210418222147j:plain

f:id:umiuminikki:20210418222205j:plain

 

ドームの画拡だからこそ撮影できます。

めっちゃ楽しい!!

 

f:id:umiuminikki:20210418222438j:plain

 

洞窟内ではフグが休憩していました。

おじゃましました~~。

 

f:id:umiuminikki:20210418222556j:plain

f:id:umiuminikki:20210418222719j:plain

 

大きなトンネルに小さなトンネル。どちらももちろん潜っていきました!!

この日は水中ライトを忘れたので洞窟内は真っ暗でした。

 

 

雨の日だったので光の量は少ないですが、むしろこんな日に潜って撮っている方が貴重です。晴れた日はいつでも行けるので。

 

f:id:umiuminikki:20210418223226j:plain

 

洞窟の壁を見てみるとマクロな生き物も。

場所が違えば見れる生き物も全く違います。

 

この写真は4色をもっと生かしたかったな!!

やっぱりワイド用にGoPro買おうかな。悩ましいところです!!

 

f:id:umiuminikki:20210418223600j:plain

 

そして洞窟内で意図せず偶然撮れた奇跡の一枚。

内臓のフラッシュでは片方しか光が当たらなかったのですが、それがかえって良い味を出しています。笑

 

今回の表紙はこれに決まりです!!

 

 

ということで「鳥取のジオダイブ」でした。

この一帯は探せばまだまだ似たような場所がありそうです。

良い地形、良い海藻、良い水質。沖縄とは違った海が広がっていて本当に楽しかったです。そして何より、同じ場所で地形もマクロも楽しめるのが何より素晴らしい!!

こんなポイントは沖縄にはありませんでした。遠いのが難点ですが、また遊びに行きたいと思います。

 

ではでは、日本海がいまだに15度前後であることに驚いた沖縄太郎がお送りしました。