人生の公開日記

ケーブル スキューバダイビング ログ83

はいさい、

 

最近忙しいということを言い訳に更新が遅れています、沖縄太郎です。ログも溜まってしまっていて吐き出すのがこれまた大変。嬉しい悲鳴です・・・。

 

 

ということで今回のログは「ケーブル」。

水納島キューバ4本目。最後のログになります。

 

f:id:umiuminikki:20191111000250j:plain

 

今回も3本目同様セルフダイビングです。ブリーフィングを受けて今度こそ「ケラマハナダイ」を狙います。

 

f:id:umiuminikki:20191111000435j:plain

 

相変わらず「スカシテンジクダイ」はたくさん。

 

f:id:umiuminikki:20191111000607j:plain

 

砂地の中にポツンとテーブルサンゴ

こういうのは分かりやすい目印になります。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

沖縄太郎(@qijiebangen)がシェアした投稿 -

 

清掃されている「ツムブリ」。

気持ちよさそうです。

 

f:id:umiuminikki:20191111000825j:plain

ハナビラクマノミ

やたらおっさんくさい「ハナビラクマノミ」。

 

f:id:umiuminikki:20191111000952j:plain

ミツボシクロスズメダイ

星が消えてしまった「ミツボシクロスズメダイ」。

 

f:id:umiuminikki:20191111001255j:plain

アカモンガラ

「アカモンガラ」の幼魚は初めて見たので1枚。

体色は青色ですが、歯が赤いことから「アカモンガラ」と付いたとのこと。

 

f:id:umiuminikki:20191111002230j:plain

ケラマハナダイ

ということで、今度こそ目的達成。

念願の「ケラマハナダイ」のオス。

やっぱりハナダイ系は綺麗ですねえ。深場にしかいないのが難点ですが、ここまできれいに映ってくれるとはまってしまいます。

 

メスも撮ったのですが、誤って消してしまいました・・・。

 

f:id:umiuminikki:20191111003736j:plain

フタイロハナゴイ

「フタイロハナゴイ」も初めて見ましたが、ハナゴイ系も色合いが美しいですね。

 

f:id:umiuminikki:20191111003934j:plain

キンギョハナダイ

お馴染み「キンギョハナダイ」のオス。

こちらは比較的浅瀬にいるので登場回数多めです。

 

f:id:umiuminikki:20191111004157j:plain

ホシテンス

砂地のポイントではたまに見る「ホシテンス」。

このポイントでは3個体見ました。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

沖縄太郎(@qijiebangen)がシェアした投稿 -

 

浅場に戻って「アカククリ」に挨拶。

口がとがっているのが「アカククリ」。無表情なのが「ツバメウオ」。

 

f:id:umiuminikki:20191111004630j:plain

 

最後はお馴染み浅場のサンゴでお別れです。

 

 

ということで水納島のログは最後になります。

本当に充実した4ダイブでした。流れはありましたが、白い砂地に浄化された気分です。これはまたダイビングしに来るな、そう確信して水納島を後にしました・・・。

 


ブログランキングに参加しています!!
1日1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

第2ケーブル スキューバダイビング ログ82

はいさい、

 

11月に入りさすがに朝晩の気温は低くなってきました。とはいえ日中はまだまだポカポカ陽気。とても11月とは思えません。地元との温度差凄そう・・・。

 

 

ということで今回のログは「第2ケーブル」。

水納島2日目は、何とボートからのセルフダイビングです!!今時こんなことさせてくれるショップがあるのですねえ。

ブリーフィングを受けいざ出発!!

 

f:id:umiuminikki:20191106222430j:plain

 

ということで潜っていきましょう!!

昨日とは打って変わってお日様が顔を出していました。

透明度も相変わらず最高ですね!!

 

f:id:umiuminikki:20191106222620j:plain

 

ここからは一人旅です。

今回の目的は、まだ見たことのない「ケラマハナダイ」。

とっても綺麗な魚です。会えるといいなあ~~。

 

f:id:umiuminikki:20191106222743j:plain

 

昔はサンゴの塊だったのでしょうか。

分かりやすい目印になります。

 

f:id:umiuminikki:20191106223010j:plain

 

1つ目の根に到着。

目的のものはもう一つ奥の根に住んでいるのですが、ここも魚影が濃いので何枚か撮りました。マクロは探していません。

 

f:id:umiuminikki:20191106223213j:plain

チンアナゴ

チンアナゴ」も飽きるほどいます。

 

f:id:umiuminikki:20191106223330j:plain

 

砂地を移動し、目的の根に到着。

写真にもうっすら目的の「ケラマハナダイ」が写っています。

 

しかし、このダイビングではこの写真でしかハナダイたちを収めることが出来ませんでした。

 

と言いますのも、流れがすごいので何かに掴まっていないと体が安定しないのです。さらに、流れに乗ってやってくるプランクトンに魚たちが夢中でみんな中層に浮いてしまいました💦

 

どのくらいの流れ化というと・・・ 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

沖縄太郎(@qijiebangen)がシェアした投稿 -

 

ミノカサゴがろくに泳げないレベルです。

ヒレも流れで閉じてしまっています。

 

こうなっては仕方ないので、目に焼き付けて帰ってきました。

 

f:id:umiuminikki:20191106224239j:plain

ヨスジフエダイとアカヒメジ

本島ではほとんどみない「ヨスジフエダイ」。いても数匹の小さな群れです。

そしてそこに混じる「アカヒメジ」。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

沖縄太郎(@qijiebangen)がシェアした投稿 -

 

群れっていいなあと実感します。

 

f:id:umiuminikki:20191106231316j:plain

 

海底を這うケーブル。

 

f:id:umiuminikki:20191106231411j:plain

 

海から太陽の光が見れるのもあと少しです。

 

 

ということで「第2ケーブル」でした。

前回前々回に比べて生き物は少なめ。というかほとんど撮っていませんでした💦

しかし、綺麗な砂地の上を縦横無尽に泳ぎ回れたのはとても楽しかったです。本来ならガイドが前を泳いでいるポイントですからね。凄く新鮮でした。

 


ブログランキングに参加しています!!
1日1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

YFR スキューバダイビング ログ81

はいさい、

 

最近なぜか自炊をするようになりました。1人暮らしを始めて3年半。きっかけは不明です。まあそういうタイミングなのでしょう。

 

 

ということで今回のログは「YFR」。

「イエローフィッシュロック」略して「YFR」です。長くなるので略した次第です。ブリーフィングの時に見せてもらった略図には「YFR」と書いてあったので、この表記でも会っているのでしょう。

 

f:id:umiuminikki:20191103163727j:plain

 

待望の砂地!!

絞りを開きすぎて真っ白になってしまっています。💦

しかし、流れはなかなかなものです。

 

f:id:umiuminikki:20191103163931j:plain

 

砂地に根。そしてそこに群がる魚たち。見ごたえがあります。

 

f:id:umiuminikki:20191103164112j:plain

 

これも白いなあ。

水中では良い感じの色合いに見えたのですが・・・。

 

f:id:umiuminikki:20191103164459j:plain

チンアナゴ

チンアナゴ」もたくさん生えています。

本島よりも近づけるのかと思っていたらそんなこともなく、写真の距離感が限界でした。

 

f:id:umiuminikki:20191103165513j:plain

アキアナゴ

トリミングと明るさを変えて何とか映っている「アキアナゴ」。

警戒心が強すぎて、気づいてから少しでも近づこうとしようものならすぐに引っ込んでしまいます。

 

f:id:umiuminikki:20191105180825j:plain

 

また別の根に来ました。こちらは「二タスジリュウキュウスズメダイ」「スカシテンジクダイ」「クロスジスカシテンジクダイ」の群れがすごいですね。

背景の黒いものは全て魚です。

 

f:id:umiuminikki:20191105180907j:plain
f:id:umiuminikki:20191105181013j:plain
クロスジスカシテンジクダイ

拡大して撮るとこんな感じ。

びっしり魚たちで埋め尽くされています。

 

f:id:umiuminikki:20191105181830j:plain

スザクサラサエビ

「スザクサラサエビ」のオスは、それはそれはたくさん。

私も初めて見ましたが、こんなに群れているのかと驚きました。

 

f:id:umiuminikki:20191105182555j:plain

アカシマシラヒゲエビ

こちらも初めて見るエビです。「アカシマシラヒゲエビ」。

一体全体何種類のエビが1つの根についているのか。

 

f:id:umiuminikki:20191105183538j:plain

オシャレカクレエビ

久しぶりの「オシャレカクレエビ」。前回登場した時はまだカメラを使いこなしておらず、色のない写真でしたが、今回はバッチリ。

筋の色が赤色で、ハサミもオレンジ色と、なかなかオシャレなエビです。

 

f:id:umiuminikki:20191105184033j:plain

ミヤケテグリ

「ミヤケテグリ」は私も見るのは2回目です。

ヒレが開いているともっと綺麗なのですが、そのような場面にはなかなか出会えず・・・。

 

f:id:umiuminikki:20191105185212j:plain

ナンヨウハギ

ドリーでお馴染み「ナンヨウハギ」。

近づくとすぐにサンゴの間に隠れてしまいます。

 

f:id:umiuminikki:20191105185731j:plain

ベンケイハゼ

「ベンケイハゼ」はそこまでレアではないっぽいのですが、初めて見ました。

沖縄にはあまりいないのかなあ。

 

f:id:umiuminikki:20191105191407j:plain

ヒレオビウツボ

こちらも図鑑でしか見たことのなかった「ヒレオビウツボ」。

柄が特徴的なので見つけやすそうではありますね。

 

f:id:umiuminikki:20191105192030j:plain

 

こちらにはとある生き物が隠れています。

皆さん分かりますか??

 

正解は・・・

f:id:umiuminikki:20191105192024j:plain

トゲダルマガレイ

真ん中の辺りに「トゲダルマガレイ」のメス。

カレイなのか、ヒラメなのか、オスなのか、メスなのか。私にはさっぱりわかりません。笑

 

f:id:umiuminikki:20191105192426j:plain

 

最後に浅場のサンゴを堪能して終わり!!

 

流れはなかなか強かったですが、水納島らしいポイントを楽しめてよかったです。それにしても初めて見る生き物がたくさんいて、まさに図鑑がそのままあるような場所でした。

 

ではでは、更新遅れて申し訳ありませんでした🙇

 


ブログランキングに参加しています!!
1日1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

ツキイチ スキューバダイビング ログ80

はいさい、

 

首里城が燃えたそうですね。私も2,3度行っただけの場所ですが、歴史的な場所がなくなってしまうのはやはり残念です。次回行けるのは何年後になるのでしょうか。

 

 

ということで今回のログは「ツキイチ」。

水納島キューバ記念すべき1本目です!!

 

f:id:umiuminikki:20191102234501j:plain

ハララー

ハララーの群れ、らしいです。

私にはミジュンの群れにしか見えませんが。笑

「ヤクシマイワシ」のことを沖縄では「ハララーとよぶ」らしいです。勉強になります。

本島でも「ミジュン」のが大量発生していましたね。あれは本当にミジュンなのか??

 

ということで出発です!!

 

f:id:umiuminikki:20191102235303j:plain

 

 さて到着。

水納島と言えば何を想像しますか??砂地??チンアナゴ??ヤシャハゼ??

私は真っ先に砂地とチンアナゴを思い浮かべます。

しかし1本目は予想に反する地形とサンゴのポイント。砂地のポイントがかなり流れていたのでこちらに移動してきた次第です。 

 

f:id:umiuminikki:20191102235625j:plain

 

しかし思いのほかサンゴがすごい!!

こんなにサンゴがあるとは。しかも種類の多いこと。

 

f:id:umiuminikki:20191102235808j:plain

 

花弁状のサンゴ。「リュウキュウキッカサンゴ」と思って撮ったのですが、何か違う気がします。サンゴは難しすぎる・・・。

 

f:id:umiuminikki:20191103000238j:plain

カクレクマノミ

「センジュイソギンチャク」と「カクレクマノミ」。

壺状になっており、写真映えする瞬間だったのですが、このような写真しか撮れませんでした。( ノД`)シクシク…

 

f:id:umiuminikki:20191103000519j:plain

 

川のように流れる「ハナゴイ」。

天の川の雰囲気。

 

f:id:umiuminikki:20191103001046j:plain

ヒレナガヤッコのオス

ヒレナガヤッコのオス。本島でもよく見ますね。

f:id:umiuminikki:20191103001255j:plain

ヤイトヤッコのメス

私がヒレナガヤッコのメスと勘違いしていた「ヤイトヤッコ」のメス。

 

f:id:umiuminikki:20191103001443j:plain

トサヤッコのオス

初めて見る、初めて知る「トサヤッコ」のオス。おそらく初見です。

となかなかマニアックな魚たちと、ボケボケな写真たちでした。

 

f:id:umiuminikki:20191103001919j:plain

オハグロハギ

「オハグロハギ」はシコクスズメダイの群れに混じっているらしいです。

今度よーく観察してみるか。

 

f:id:umiuminikki:20191103002320j:plain

アカホシカニダマシ

「タマイタダキイソギンチャク」と「アカホシカニダマシ」のペアは初めて見ました。

f:id:umiuminikki:20191103002640j:plain

ヤミスズキ

これまた初めて見る「ヤミスズキ」。

ガイドの植田さん(夫)がめちゃくちゃ紹介してくれるので写真が忙しいです。笑

 

f:id:umiuminikki:20191103002942j:plain

ニシキヤッコ

よく見る「ニシキヤッコ」は模様がπになっています。

 

f:id:umiuminikki:20191103003104j:plain
f:id:umiuminikki:20191103003129j:plain
ウミシダヤドリエビ

初めて見た「ウミシダヤドリエビ」。

何気なく覗いたウミシダについていたのでびっくりです。本当ではあんなにいろんなウミシダを見て全くあえなかったのに・・・。

他の色のウミシダにはついていませんでした。

 

 

ということで「ツキイチ」でした。

記念すべき水納島1本目は、水納島らしからぬポイントでした。しかしさまざまな種類の魚たちが居て飽きるどころか、むしろ忙しかったです。笑

2本目は果たしてどこで潜るのか??

楽しみだ!!

 


ブログランキングに参加しています!!
1日1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

原付で行く、水納島弾丸1人旅

はいさい、

 

最近になりなぜか自炊をするようになりました。一番大きな変化は洗い物が苦にならなくなったこと。おなか一杯食べられるのはやはり良いですね。

 

 

ということで今回は久しぶりの弾丸1人旅。

今回の目的地は「水納島」です。私、初上陸の離島です。

 

そして今回の目的は水納島でのスキューバダイビングです。

私がもともと入っていたダイビングサークルのOBさんがショップをしていて、なかなか面白い場所だということをたまたま知り合ったUさんから教えていただきました。

ならば行ってみるしかないよね☆彡

 

そしてまずはスキューバのログの前に、旅の模様をお届けします。

写真は全て私の自慢のisaiです♪♪

 

f:id:umiuminikki:20191031011018j:plain

 

ということで渡久地港に来ました。

朝5:30に家を出発し8時少し過ぎに到着。片道2時間30分の長旅です。

 

ここには懐かしき谷茶公園があります。私が沖縄一周した時に野宿した公園ですね。この猫は覚えてくれていたのかな??

 

f:id:umiuminikki:20191031011642j:plain

 

切符を買って高速船で「水納島」に向かいます。往復で1,730円です。

 

f:id:umiuminikki:20191031012228j:plain

f:id:umiuminikki:20191031012250j:plain

 

あいにくの天気ではありますが、15分ほどで到着。

本当の海とはまた色が違います。ワクワク。

 

f:id:umiuminikki:20191031012513j:plain

 

今回お世話になる「クロワッサン・アイランド」です。

右側の建物は「海と島の雑貨屋さん」となっており、Tシャツや写真、アクセサリーなどが売っています。

 

この後、2本潜るのですが、その模様は次回以降の記事に。

 

2本潜った後、時間があったので島を散策しました。

1周4kmとのことだったので、海岸線をぐるりと行ってみました。

 

f:id:umiuminikki:20191031013110j:plain

 

白い砂浜とコバルトブルーの海が広がります。

もっと天気が良ければなあ。

奥に見えるのは、本島と瀬底島です。こうやって見ると近いですね。

 

f:id:umiuminikki:20191031013447j:plain

 

裏側までくると岩場も多くなってきました。

夕陽は・・・隠れてしまっていますね💦

 

f:id:umiuminikki:20191031013912j:plain

 

砂浜は完全に消え岩場になってしまいました。

まあ岩場を通るだけなら全然余裕なので良いのですが・・・この後私は1周しようとしたことを後悔することになります・・・。

 

f:id:umiuminikki:20191031014125j:plain

 

岩場を超えると今度は完全な湿地が出てきました。

正直歩きたくないです・・・引き返すことも考えましたが、とりあえず進むことに。日の入りも近いですからね。

 

f:id:umiuminikki:20191031014448j:plain

 

少しでも足を滑らると全身濡れかねません。

ギョサンだと足を取られてしまうので、ここからは裸足で渡っていきます。

怖いですが致し方ありません。

 

f:id:umiuminikki:20191031014916j:plain

 

何とか渡り切った頃には日は完全に傾いていました。

生きて帰って来れて本当によかったです。

 

寝床に戻ってゆっくりし、20:30からは「クロワッサン・アイランド」さん主催のゆんたくに出席。一応水・食料は持って行っていたのですが、ここで食べられるものは食べておこうという魂胆です。笑

 

f:id:umiuminikki:20191031015741j:plain

f:id:umiuminikki:20191031015805j:plain

f:id:umiuminikki:20191031015819j:plain

 

白ワインにオシャレなおつまみ、紹興酒や松茸酒等、貧乏大学生の私では到底手に入れることのできない品物の数々。

どれも飲みやすい割に思いのほか度数が高いので早いうちからフラフラと・・・。笑

 

こちらはこの日一緒になったTさんが持ってきたものであるとのこと。

実はUさんから、予め夜のゆんたくタイムにはさまざまな美味しいものが並ぶと聞いておりましたので楽しみにしていたのです。

私も私の祖父母が作る「揖保乃糸」をお届けしました♪♪

 

夜も深くなり、2日目も潜る予定なので12:00には解散。

朝5:00から動いていたのでぐっすり眠ることが出来ました。

 

翌日、日の出とともに起床。

9:30から2本潜り、島でゆっくりしながら17:00にはまた高速船で本島に帰りました。もちろん雑貨屋さんで買い物をしましたよ♪♪

 

 

 

「ミナミホタテウミヘビ」のTシャツを買ってしまいました!!

この生き物もまだ見たことないので見てみたいですねえ。

 

f:id:umiuminikki:20191031022621j:plain

 

最後にリクガメにお別れのあいさつをして島を出ました。

 

f:id:umiuminikki:20191031140505j:plain

 

さようなら水納島。また来ますよ。

 

渡久地港を出発したのは、17:30少し前。

サンセットを見ながら、本部の道を走っていきます。家まで遠いなあ。

そこから途中休憩を挟みながらだらだらと。家に着いたのは20:00少し過ぎでした。

 

お腹もペコペコだったので最近近くに出来た「やっぱりステーキ」に行き、旅の締めをしたとさ。

めでたしめでたし。

 

 

これからの季節はどんどん寒くなってくるので、ブルーシートオンリーの野宿はさすがに無理がありますね。
 
それにしても私の原付の何と優秀たることや。150kmの道のりを、満タンから1度も給油無しで走り切ることが出来ました。私が今までいろんなところに潜りに行けたのもこの原付のおかげですね。
 
今回お世話になったクロワッサン・アイランドの植田さん、そこを紹介してくださったUさん、美味しいものを提供していただいたTさん、そして私を乗っけて渡久地港まで連れて行ってくれた原付君。本当に楽しい旅になりました。ありがとうございました!!
 
 
ブログランキングに参加しています!!
1日1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

パルプンテ スキューバダイビング ログ79

はいさい、

 

現在沖縄に野球の日本代表が来ているらしいですね。3年ほど前のWBCは、対阪神戦を京セラドームに見に行った記憶があります。今回はどうしようかな。当日券はあるのでしょうか。

 

 

ということで今回のログは「パルプンテ」。

何が起こるかわからない呪文「パルプンテ」。

今回は「ナカモトイロワケハゼ」狙いで居てきました。果たして会うことはできたのか・・・。

 

f:id:umiuminikki:20191029231623j:plain

 

エントリーしてすぐのブイ。

ここからまっっっっっすぐ降りていきます。

 

f:id:umiuminikki:20191029231907j:plain

 

進んでいるとほかのバディが何かしらを撮っていました。何がいるのでしょうか。

こういう場所は後からこっそり寄ってみるのです。

 

f:id:umiuminikki:20191029232214j:plain

 

そしてひときわ目立つブイのところまで来ました。

ご覧の通り、透明度・透視度は悪いです。

 

まあ、ここはいつもこんなものですね。

 

そして、その下には・・・

 

f:id:umiuminikki:20191029232728j:plain

ナカモトイロワケハゼ

いました!!「ナカモトイロワケハゼ」。

3つほど家が並んでいましたが、住み着いていたのは2つ。そのうち1つは引きこもってしまって写真で狙えるのはこの子だけでした。

 

f:id:umiuminikki:20191029232928j:plain

ナカモトイロワケハゼ

しかも顕微鏡モードで撮れるほど近くに寄れます。

フォト派ダイバーにはありがたい個体です。

瓶の口も綺麗で人によってはもっとビンとナカモトさんを生かした写真が撮れそうですね。

 

パチパチパチと撮りまして、ぶらぶらブイの方を探索していますと・・・

 

f:id:umiuminikki:20191029233331j:plain

 

???

サーターアンダギーではありません。

レモンでもありません。

 

f:id:umiuminikki:20191029233442j:plain

ウデフリツノザヤウミウシ

なんと「ウデフリツノザヤウミウシ」がいました!!

ダイバーからは「ピカチュウウミウシ」という名で親しまれていますね。

私も見たい生き物ではあったのですが、まさかこんなに唐突に出会うとは。あまりの嬉しさに喜びの舞をしてしまいました。

 

私の声を聞いてバディも心配したと言います。そのぐらい嬉しかったのです。

ここからはナカモトさんそっちのけで、こちらの大撮影会を開催していました。笑

 

撮影会もほどほどに、天使をしっかり目に焼き付けて陸へ戻ります。

 

f:id:umiuminikki:20191029233837j:plain



最初に見たダイバーはまだ張り付いていました。

そっと覗いてみたのですが「ミツボシクロスズメダイ」を撮っているようにしか見えませんでした💦

 

f:id:umiuminikki:20191029234219j:plain

 

少し寄り道。6月にも通った根ですね。

この根の周りは魚影が濃くて面白いです。

 

おっと紹介が遅れました、バディのうみおさんです。m(_ _)m

 

「ユカタハタ」は6月見た時よりも泳ぎ回っていました。まるで人に慣れているかのよう。そのうちこの根の名物になってくれることでしょう。

 

f:id:umiuminikki:20191029234719j:plain

ウメイロモドキ

久しぶりに見たな~「ウメイロモドキ」。

3年ほど前にナカユクイで群れていた記憶が最後ですね。それ以降見た記憶はほとんどないです。

 

f:id:umiuminikki:20191029234856j:plain

 

「ヨスジフエダイ」の群れもいます。

 

f:id:umiuminikki:20191029234932j:plain

 

「スカシテンジクダイ」と「ウメイロモドキ」。

スカテンは6月に見た時よりも成長していました。

 

f:id:umiuminikki:20191029235034j:plain

フタスジリュウキュウスズメダイ

なんか怖い。笑
「フタスジリュウキュウスズメダイ」です。

桂歌丸さんを思い出します。

 

動画もどうぞ。さまざまな魚が群れていて面白いです。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

沖縄太郎(@qijiebangen)がシェアした投稿 -

 

 最後にカメに遭遇しました。前回もあったのですが、結構いるのですかね。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

沖縄太郎(@qijiebangen)がシェアした投稿 -

 

 

ということで「パルプンテ」でした。

まさに何が起こるかわからないパルプンテ

2ダイブでそれぞれの目的であった「ハナヒゲウツボ」「ナカモトイロワケハゼ」にちゃんと出会うことが出来ました。ここまでちゃんと目的を達成できたダイビングは久しぶりです。笑

いや~充実です。

 


ブログランキングに参加しています!!
1日1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

ゆうなんぎ スキューバダイビング ログ78

はいさい、

 

皆さんMステ見ましたか??椎名林檎さんの「公然の秘密」。久しぶりのスパイチックな曲調、聞いた後どうしても他の曲も聴きながら歩きたくなり、結局5kmほど散歩してしまいました。私の健康は林檎さんのおかげです。

 

 

ということで今回のログは「ゆうなんぎ」。

前々から聞いたことのあったポイントだったのですが、行くのは初めてです。楽しみだな!!

 

f:id:umiuminikki:20191027011358j:plain

ナンヨウハギ

あまり良い写真が撮れませんでした「ドリー」こと「ナンヨウハギ」。

瀬底に住んでいるのを見たことはあったのですが、最近は本部半島にも進出している様子。

そして写真を撮ってから気付いたのですが、周りにいるのは「二タスジリュウキュウスズメダイ」ですね。

北部にはウジャウジャいるようです。

 

f:id:umiuminikki:20191027011648j:plain

ハナキンチャクフグ

写真が雑で申し訳ありません🙇

最近は良く目につくようになりました「ハナキンチャクフグ」。最近では砂辺でも見ました。色がきれいなので撮ってしまいます。

 

f:id:umiuminikki:20191027011950j:plain

 

最近これって「ハナミノカサゴ」ではないなと気付きました。

「キリンミノ」の幼魚なのか??

 

f:id:umiuminikki:20191027012147j:plain

 

と、紹介が遅れました。回のバディは、うみおさん。

「牧港」以来ですね。よろしくお願いします!!

 

f:id:umiuminikki:20191027012127j:plain

f:id:umiuminikki:20191027012335j:plain

f:id:umiuminikki:20191027012341j:plain

f:id:umiuminikki:20191027012404j:plain

 

私はこのポイントは初めてなので、うみおさんに案内していただきました。

さまざまな人工物が沈んでおり、写真を見返してもどれがどこにあったものなのか思い出せません。笑

ただただついていきながら海の中を撮っていました。

 

f:id:umiuminikki:20191027012544j:plain

キイロイボウミウシ

いろいろ探索した後は岩ゴロ地帯に戻って今回のメインを探します。
とその前に「キイロイボウミウシ」。

鋼の錬金術師のエンヴィーを思い出してしまった・・・。

 

ただ、初めて見たのでうれしい!!

 

そして・・・・・・・・・・・・・・

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

沖縄太郎(@qijiebangen)がシェアした投稿 -

 

今回のメイン「ハナヒゲウツボ」!!!!!!

私もかれこれ22年生きていますが初めて見ました!!(ダイビング歴3年半)

にしても美しい色合い。水中でも目立っていました。

 

f:id:umiuminikki:20191027013139j:plain

ハナヒゲウツボ

映えますねえ。

 

f:id:umiuminikki:20191027013306j:plain

ハナヒゲウツボ

顕微鏡でも撮ってみました。

お口の清掃には気を使っておられる様子。

ドーム状の目も可愛いです。

 

f:id:umiuminikki:20191027013118j:plain

ハナヒゲウツボ

さらにもう1個体。

ムンクの叫び」的な。

 

 

ということで「ゆうなんぎ」でした。

メインの「ハナヒゲウツボ」は2個体も見れました。私は後ろからついていっていただけなので2個体ともうみおさんの手柄です。笑

このポイントには「トウアカクマノミ」もいるらしいのですが、今回はお目にかかれず。どうやら前までいた場所にはいなかったようです。私は分からないのですが💦

 

ではでは、吉岡里帆さんはちゃんと我々でした。

 

 
ブログランキングに参加しています!!
1日1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

大度浜海岸 スキューバダイビング ログ77

はいさい、

 

いつの間にか日本シリーズが終わっていました。まさかの4タテで格の違いを見せつけられましたね。いや~ソフトバンク強すぎる!!

 

 

ということで今回のログは「大度浜海岸」。

スキンでは何度か登場しているこの場所。今まではインリーフしか紹介したことありませんが、アウトの地形派神がかっています。今回はそんなアウトを広ーく泳いできました。

 

f:id:umiuminikki:20191024220447j:plain

 

ということでやってまいりました。

今回は第3プールからアウトへ出ていきます。

先導するのはN.Tさん。私も何度かスキューバで来たことありますが、広く泳ぐのは初めてです。

 

f:id:umiuminikki:20191024220754j:plain

 

まずは小さなトンネルへ。

私が知っているのとは違う場所でした。

なるほど、ここも通れるのですね。

 

f:id:umiuminikki:20191024221004j:plain

 

出ていくとダイナミックな地形!!

N.Tさん、Aさん、Tさんよろしくお願いします!!

 

f:id:umiuminikki:20191024221214j:plain

 

この日は天気も最高!!

ここは冬のポイントですが、そのころになると曇りの日が圧倒的に多くなります。

 

f:id:umiuminikki:20191024221359j:plain

 

トンネルの次はクレバスを抜けていきます。

写真を見ているとダイビングの内容を思い出し、ブログを書きながらワクワクしてきました。

 

f:id:umiuminikki:20191024222248j:plain

 

でこぼこの地形が広がります。

今回はこの上をスーッと泳いでいきました。

 

f:id:umiuminikki:20191024222435j:plain

f:id:umiuminikki:20191024222549j:plain

マルハナガタサンゴ

f:id:umiuminikki:20191024223922j:plain

 

キクメイシ科のサンゴ。

 

f:id:umiuminikki:20191024224113j:plain

 

ハマサンゴ科のサンゴとソフトコーラル

 

などなど、最近ブックオフでサンゴの図鑑を500円で買ったので活用してみようと思ったのですが、まったくわからず💦

途中であきらめました。笑

 

f:id:umiuminikki:20191024224521j:plain

 

サンゴを眺めているといつの間にか砂地に出ました。

 

f:id:umiuminikki:20191024224627j:plain

 

リップルマークが美しい!!

波状の砂の模様を砂紋(リップルマーク)と呼びます。

これは陸と平行にあるのでいざとなったの目安になります。ただ、沖へ向かってしまう場合もあるのでコンパス見ている方が絶対に安全ですね。

 

f:id:umiuminikki:20191024225041j:plain

 

ハマサンゴの根も撮りながら泳いでいきます。

ここら辺は全て中層移動。中性浮力が取れないとつらいですね。

 

f:id:umiuminikki:20191024225205j:plain

 

そしてグルーーーっと回って戻ってきました。

結構泳ぎましたね。

 

f:id:umiuminikki:20191024225417j:plain

 

分かってはいましたが、あまり魚影は濃くないです。

その代わりたまに回遊魚やカメ、エイが現れることもあります。

 

f:id:umiuminikki:20191024225753j:plain

ネムリブカ

今回はうっすら「ネムリブカ」。

尾びれ、背びれの白い点から「ホワイトチップシャーク」と呼ばれていますが、特徴はとらえていますね。

 

f:id:umiuminikki:20191024230012j:plain

 

帰りは違うトンネルを通って帰ってきました。

こちらは私がかつてスキンで来ていた時に見つけたもので、1年ぶりに通りました。

ここだけ見ると宮古島に見劣りしません!!

 

f:id:umiuminikki:20191024230211j:plain

f:id:umiuminikki:20191024230239j:plain

 

ワクワクドキドキ。

地形派の血が騒ぎます!!

 

f:id:umiuminikki:20191024230420j:plain

 

最後に最初通ったクレバスをまた抜けていきます。

なるほどなるほど、今回は後ろから大度の地形を今一度勉強しました。

 

f:id:umiuminikki:20191024230948j:plain

 

ミジュンの群れは健在でした。

ゴリチョもすごいらしいですが、残念ながら遠くて私は行けません。

 

f:id:umiuminikki:20191024231116j:plain

 

同定したような気がしていましたが、気のせいだったようです。

ミドリガイ系なのか?アメフラシ系っぽくも見えなくはないが・・・。

 

f:id:umiuminikki:20191024232418j:plain

ハタゴイソギンチャク

「ハタゴイソギンチャク」にはクマノミがついていました。惜しい!!

 

f:id:umiuminikki:20191024232508j:plain

オドリハゼ

最後に30㎝の超浅瀬で「オドリハゼ」を発見。

相変わらず寄れませんが、案外いますね。

 

 

ということで「大度浜海岸」でした。

久しぶりの地形ダイブ。地形良し、透明度良しで楽しすぎました。ここは冬でもホットなポイントです。これからの季節はここで潜ることも多くなりますにで、どんどん探検していきたいと思います。


ブログランキングに参加しています!!
1日1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

久々のMステ

はいさい、

 

最近はダイビングのログばかりになっていましたが、久しぶりに🍎ニュースです。

 

なんと・・・

 

21:00から放送の「ミュージックステーション」に椎名林檎さんが登場します!!

 

6月ぐらいに「駆け落ち者」を歌った以来ですね。

 

気になる今回の曲は・・・「公然の秘密」。

 

時効警察の主題歌なのですが、私はそのドラマを見ていません。

 

ちなみにYoutubeにもPVが上がっていますのでこちらもどうぞ。

 

 

と、番組が始まるまで30分を切っていますね。

今日はテレビに張り付いて出番を待ちたいと思います。

 

ではでは、急ではありましたが告知でした!!

砂辺No.1 スキューバダイビング ログ76

はいさい、

 

あれよあれよという間に10月もあと1週間。あと4ヵ月あると思っていたのが3か月になり、2ヵ月になり・・・。相変わらずすさまじいスピードで日々が過ぎていきます。

 

 

ということで今回のログは「砂辺No.1」。

単独セルフの2本分を1つにまとめたものになります。

と言いますのも、2本ともひたすら沖を目指して泳いだもので、内容としても似ているのでまとめて書くことにしました。

 

f:id:umiuminikki:20191023020623j:plain

 

ということでまずは「砂辺No.1」のソフトコーラル

今までのファンではせいぜい行っても「三角の根」を少し越えたぐらいまで。その先がどうなっているのかを知っている人はほとんどいないでしょう。

ならば自分の目で確かめなければなりません!!

 

何かあったら良し、何もなくても良し。

こういう冒険はある意味1人の方が気が楽です。

 

目安としては、水深30mぐらいまで行ってみたいですね。

 

f:id:umiuminikki:20191023021059j:plain

 

まずはNo.1の壁沿いをまっすぐ行き、途中で壁を離れて何もない砂地の上をひたすら泳いでいきます。

 

f:id:umiuminikki:20191023021342j:plain

 

この時はたまたま沖の根に到達。

写真のような切り抜かれたような地形をたまに見ますが、どうすればこのような地形になるのでしょうか。

 

f:id:umiuminikki:20191023021524j:plain

 

さらに階段状の地形。

No.1の右側の壁が階段状の地形になっていますが、沖にも似たようなものがありました。

 

写真では分かりにくいと思いますので動画をどうぞ。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

沖縄太郎さん(@qijiebangen)がシェアした投稿 -

 

 動画でもわかりにくいですね💦

ただ、写真よりかは伝わると思います。

動画では3段になっています。もう少し透明度が良ければ引きでとってもよかったのですが・・・。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

沖縄太郎さん(@qijiebangen)がシェアした投稿 -

 

 さらにこれまた熊手でひっかいたような模様。

いままでこのようなものを見たことがないのでワクワクします。

 

ここまでは落としても20mほどの場所です。

 

そしてこの先はさらに未知の領域。

 

f:id:umiuminikki:20191023022250j:plain

 

右側が砂地でサンゴ礁がスロープのようになり、ここからさらに深くなります。

丁度No.1の講習場所からハゼ場へ向かうまでのスロープがここにもあるイメージです。

 

さらに沖へ進みつつ、水深を落としていきます。

 

f:id:umiuminikki:20191023023456j:plain

 

1つ目安の30m。

ダイブタイムが14分なので、ポストから10分ほどは泳ぎ続けていたのでしょう。

 

気になる周りは・・・

 

f:id:umiuminikki:20191023023419j:plain

 

砂泥底。

底をグッと押すとわずかに弾力を感じます。

私が2本分冒険したのは右回り、左回りでそれぞれ探索したかったからです。

 

f:id:umiuminikki:20191023024305j:plain

 

気になる左周りも同じような印象。

ポコポコ穴が開いているので何かいるのかな~と思ったのですが特に何も見つからず。

 

砂辺No.1は沖まで行くと何もいない砂泥底が続いていることが分かりました。

 

f:id:umiuminikki:20191023024555j:plain

 

根も平べったいものがちょこちょこあるだけで立体的なものは見つからずでした。

2本行けば1つぐらい巨大な根を見つけられるかと思いましたが、そう簡単にはいきませんね。

 

f:id:umiuminikki:20191023024916j:plain

f:id:umiuminikki:20191023024940j:plain

 

面白い形のものがあったのでパチパチ撮りながら帰ってきました。

ちなみにこちらは左回りですね。

 

f:id:umiuminikki:20191023025113j:plain

 

右回りで帰ってくるときにはチェーンが地面を這っていただけで、泳いでいるといつの間にか「三角の根」に戻ってきていました。

 

三角の根からまっすぐ沖へ向かうのが深場への近道みたいです。

 

f:id:umiuminikki:20191023025351j:plain

 

地形のラストはこちら。

右回りで泳いだ時に思ったよりも右側に来ていたらしく、久しぶりに来た横穴。

兵庫県は県の形が「フランケンシュタイン」と言われていますが、こちらは兵庫県を反転した形に見えます。見えませんか??笑

 

 

最後のまとめをする前に2本で出会った生き物たちを雑に紹介しようと思います。記事を分けても良いのですが、今回は泳ぐ片手間だったので、1つ書くほどでもないかなと思いまとめました。

 

f:id:umiuminikki:20191023030101j:plain

 

大型のアジ特有のテカテカが綺麗な「ホシカイワリ」。

40~50cmぐらいでした。そこまで大きくはないですね。しかしこちらめがけて泳いでくるのは少し怖かったです。笑

 

f:id:umiuminikki:20191023030305j:plain

ハナミノカサゴ

たまには下から「ハナミノカサゴ」。

 

f:id:umiuminikki:20191023030403j:plain

ハナミノカサゴ

さらに「ハナミノカサゴ」。

真っ黒バージョンです!!

 

f:id:umiuminikki:20191023030528j:plain

カクレクマノミ

三角の根の「カクレクマノミ」はもはや定番です。

No.1で潜った時は必ずと言ってよいほど会いに行っています。

まさに会いに行けるアイドル!!

 

f:id:umiuminikki:20191023030731j:plain

シボリキンチャクフグ

あまり見ないような、見るような・・・「シボリキンチャクフグ」。和服の絞り模様に由来するらしいです。

なるほど、この模様、絞り模様というのですね。

 

f:id:umiuminikki:20191023032215j:plain

オニヒトデ

サンゴを食べる「オニヒトデ」はソフトコーラルも食べるのでしょうか??

 

f:id:umiuminikki:20191023031038j:plain

 

こちら「ウミウシ」の卵塊ですが・・・ついているのはオコゼのヒレです。笑

オコゼもヒレに毒を持っていますから安心ですね☆彡

 

f:id:umiuminikki:20191023031236j:plain

シモフリタナバタウオ

「シモフリタナバタウオ」のおしり。

あたふたしているうちに逃げられてしまいました・・・。

レアフィッシュです。

 

f:id:umiuminikki:20191023031356j:plain

モンツキカエルウオ

そして最後は「モンツキカエルウオ」。

多分以前の記事で紹介したものを同じ個体です。

No.1のごく浅い場所にいます。チェーン沿いを泳いでいる時たまに見ます。

 

 

ということで「砂辺No.1」の2本分でした。

いかがでしたか、普段は絶対に行くことのない水深30mの砂辺は。おそらくほとんど大半の人は興味がないでしょう。しかしだからこそ行ってみる価値があるのです。こんな身近に誰も知らない景色があるのですから、 こんなにワクワクすることはありません。この調子で、砂辺は誰よりも広く探索していきたいと思います。

 

ではでは、少し長い記事になりましたが最後まで読んでくださりありがとうございましたm(_ _)m

 

 
ブログランキングに参加しています!!
1日1クリックが更新の励みになります。応援よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村